トイプーおりーぶ成長中 with るしあ
ビビりで内弁慶な姉おりーぶと天真爛漫怖いもの知らずの妹るしあ
泣ける本とか映画とか
昨日、お出かけも出来ないだろうからと、前日に予約をして髪を切りに行きました。


早めに着いてしまったので、受付して椅子に座って待ちました。



ふと横を見ると、コミックがあったのでそれを読むことに。


それは 「星守る犬」


どんな話か全然知らないけど、去年だか一昨年だか映画になって、ひまわりがいっぱいのポスターだったなと。



・・・・・読んでいるうちに、涙が止まらなくなってしまって・・・・


周りにお客さんとかお店の人とかいるのに、涙が溢れる溢れる。


そして、「お待たせしました」と声をかけられ・・


「スミマセン・・・うちにも犬、いるんで・・・」 チーン、鼻をかみました。



ちょっと恥ずかしかったです。。。




泣けるものだと知らないで見たり読んだりすると、その時のギャップが大きいので余計に泣いてしまう。



その代表が 「いぬのえいが」



結婚する前に2人で見た映画なので、もうだいぶ前です。その日は、1000円の日だったので、これでいいかって感じで見た映画でした。



途中まではホントにくだらないというか、まぁ1000円だからいいかって感じだったけど、最後が・・・・




泣ける映画だって知らなかったから、ハンカチ持ってなくて、涙が首まで、いや、胸のほうまで流れたと思う。


終った時、立ち上がれないくらい、衝撃だった。




動物が出てくる映画って、最後は悲しい結果になることが多いんだけど、「死んじゃって悲しい」っていうんじゃない。



星守る犬も、いぬのえいがも。





おりーぶがいる、今となっては、「いぬのえいが」をもう1度見るってのは出来ないかもしれないな・・・・


だから、飼ってる人に絶対見たほうがいいって言えない。





ワンコのほうが先に逝くのは当たり前。

私が先に逝くわけにはいかないのだ。 誰が世話するのよー




元気に長生きしてね。

        IMG_5547_convert_20130408185526.jpg 


 
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © トイプーおりーぶ成長中 with るしあ. all rights reserved.